惚れたキャバ嬢を落とす!キャバ嬢からガチで惚れられる男のポイントはこれだ!

 

仲間といったキャバクラで、先輩に連れられて行ったキャバクラで、取引先との接待で行ったキャバクラで

恋をした!!!

なんて男性も世の中には多いのではないでしょうか?

 

何を隠そう私もここ数年間の恋は全てキャバクラで始まっています。

そりゃそうです。

色気ムードが漂う夜の煌びやかな街で華麗に舞う蝶達ですから、男だったら恋の一つや二つありますよ!

 

でも

「キャバ嬢を落とすのって難しそう・・・」

「キャバ嬢を落とすにはお金がかかりそう・・・」

「そもそも夜の世界で働く女なんて嫌だな・・・」

という方もいるでしょう。

 

ということで今回は、惚れたキャバ嬢からガチで惚れられる男のポイントについて解説していこうと思います。

ぜひ参考にしていただいて、あなたの恋を実らせてくださいね!

 

 

1、海よりも深い懐を持っていて余裕がある男性

「キャバクラでモテる」ということも「世間一般でモテる」というのも実はそこまで大きな差はありません。

どちらかと言えば、キャバクラでモテる男性は一般社会でもモテます。

というより、圧倒的にモテます。

それぐらいキャバ嬢を本気で惚れさせるというのは大変なことなのです。

でもこのポイントを押さえて実践すれば、一般人もキャバ嬢も有名芸能人でさえも魅了してしまう素敵な男性になれることは間違い無いので、ぜひものにして欲しいと思います。

 

まずはじめに、余裕のある男性というのは非常に重要なポイントです。

ここで言う「余裕」は、これは金銭の面ではなく、「心」の余裕のことです。

 

例えば、キャバクラに入ってキャバ嬢が「お酒飲んでも良いですか?」と言うのに対して、「ダメダメ!」なんていう男性は100%モテません。

もちろんお酒を飲ませることで、数千円~数万円かかってしまいますがそれをも受け入れられない男性は最初から落選します。

 

そんなケチな男はキャバ嬢の方から願い下げです。

わざわざ自ら「お酒飲んでいいよ」という必要はありませんが、おねだりされた時は無理をしてでも快くOKしよう。

 

もちろん一本3万円とか一本数十万円するような高額シャンパンなんかをねだられた時は断っても問題はない。

むしろそんな礼儀知らずの無茶苦茶なキャバ嬢はやめておこう。

その後もし恋が実っても、苦しむのはきっとあなたです。

 

その他にも「今日は同伴でお客さんとお寿司を食べてきたんだ!」みたいな会話が出た時に、明らかな嫉妬心を燃やすのは絶対にNGです。

 

相手もあなたにヤキモチを妬かせて、ご飯に連れて行ってもらったり、プレゼントを買ってもらったり、お金を使ってもらうためにあの手この手であなたの心をかき乱してきます。

相手が挑発してきているなあというのがわかった時は冷静にやり過ごそう。

そこで燃えてしまっては相手の思う壺です。

 

大事なのは自分のペース。

 

キャバ嬢は毎日いろんなお客さんにチヤホヤされています。

「かわいいね」「彼氏はいないの?」「モテるでしょ?」そんな毎日を過ごしていたら、みんな自分に興味があることが当たり前になるのです。

その中で他のお客さんと同じように、デレデレしていたらあなたもその他大勢の客と同じになってしまいます。

 

そこで徹底的に興味がないふりをすることで「この人私に興味ないのかな?振り向かせたい!」という感情が芽生えます。

 

ただここで大事なことがあります。

 

これは「指名」をすることでより効果を発揮する内容です。

何回かお店に通ってるのに指名もせずに興味がないふりをすると、本当に興味がないと思われてしまいますので、必ず使命をしてあげてあなたに好意を抱いているということは理解させてあげましょう。

 

キャバ嬢は、自分に興味のない人のことを気になるというは、これまでにいろんなキャバ嬢を見てきても一目瞭然です。

これは容姿などは関係なく、誰でも使える技なので必ず実践してください。

 

その他にも、怒るのはNGです。

 

・待ち合わせに遅れた

LINEの返事がない

・1時間のうち10分しか席についてなかった(他のお客さんの使命で呼ばれて)

みたいなストレスの溜まるシチュエーション。

こんな時でも絶対に怒ってはいけません。

 

「全然いいよ!大変だね!忙しいだろうけど頑張ってね!」と許してあげて、気遣いの言葉が添えられるだけで「この人は余裕があって器のデカい人なんだ」と思わせることができます。

これも、他のその他大勢のお客さんが小さいことですぐに怒ってしまうというケースが多いので、キャバ嬢にはめちゃくちゃ好印象のポイントになります。

 

下心丸出しで、その晩ヤらせて!という勢いで攻めてきて、断ったら逆ギレしてしまう。そんな痛客より、何をしても何を言っても大きな懐で受け入れてくれるそんな男性にキャバ嬢は魅力を感じます。

少し自分を大きく見せるぐらいでもOKです。見栄を張って、張った見栄は最後まで張り通していきましょう。

 

 

2、雄としての溢れ出る魅力がある

人って誰しもがエネルギッシュで明るい人や元気な人、一生懸命な人には好印象を抱きます。

特に女性から見た男性に対しての印象は、この部分がかなり左右されるのです。

 

活力がなく俯き加減で覇気がない。

 

そんな男性に魅力を感じると思いますか?

もちろん女性のタイプの問題もありますが、、、

例えば、物静かな人で一見活力がなく覇気がなさげな人でも、賢そう!仕事ができそう!センスがある!といったポジティブな魅力があれば周りの人は魅了されます。

他にもトークが上手い人や、褒め上手な人、クールで言葉数が少なくてもたまに発する言葉は鋭いコメント、といったところができる人はかなり好印象を与えることができます。

 

この章でテーマになっている「雄として溢れ出る魅力」というのは、まさに生き様そのもの。

 

仕事を頑張っている人や夢を追っている人などは、この人としての魅力がすごいですよね!

「社長」と言われる人たちもお金を持っているからモテているのではありません。

あくまでも「お金」は+αの要素です。

お金があっても不潔でイケてない男ならキャバ嬢は金づるとしてしか見ないでしょう。

 

ではなぜ社長がモテるのか?

 

それは「仕事を頑張っている人」だからです。

そして、社長というサラリーマンにはない経験や考え方、信念のようなものが生き様となり、その人のオーラとなるわけです。

 

もちろん社長ではなくてもそう。

サラリーマンでもバリバリ頑張って仕事をしている人はそれだでも十分魅力として現れます。

 

他にも、夢を追っているバンドマンってなぜかモテる印象がありませんか?

あれはイケメンとか優しいとかそういうことではなく、夢を追っているということと+αで「音楽」という感情を動かす要素が揃っていることが関係しているのです。

 

夢を追っている人は希望に満ち溢れた表情で毎日をイキイキと過ごしています。

毎日を全力で生きている人には、会社に奴隷のように使われて社畜のように絶望感を持って生きている人には到底出すことができない魅力を身につけているのです。

 

それがオーラとなり相手を魅了する。

 

キャバ嬢を落とすためには、まずはあなた自身が毎日を全力で生きて、魅力溢れる男性になりましょう。

もしこれを身につけることができたら、キャバ嬢だけではなく、会社の同僚や友人、先輩後輩問わず色んな人から好意を抱かれモテることになりますよ。

 

 

3、一途に想い続けてくれる愛の強さ

キャバ嬢が口を揃えて言う言葉があります。

「私のことをずっと一途に想ってくれる人が良い」

 

これは最も大事なポイントです。

キャバ嬢も一人の女性。

見た目どうこう、職業どうこう、将来性どうこうよりもまずは相手が自分のことを一番好きでいてくれないと嫌なのです。

 

キャバクラという仕事はたくさんの人からチヤホヤされます。

だからこそ、自分が好きな人からは他のどのお客さんよりも自分ことを一番好きでいてもらいたいというキャバ嬢特有の心理があります。

 

ではどうやってこの好き度を測るのか?

 

この答えは単純で、店に行く頻度、使ってくれる金額が一番大きな判断基準です。

 

「結局キャバ嬢を惚れさせるにはお金がかかるのか・・・」

 

という声も聞こえてきそうですが、なん十万円という高額を払い続けるといった必要はありません。

月に1~2回、お酒もそこまで入れずに、1回の会計が2~3万円というスタンダードな感じだけでもOKです。

キャバ嬢の気持ちが冷めないように定期的に通ってあげましょう。

 

そして次は、どれだけ口説いてこないか?手を出してこないか?

キャバ嬢は下心丸出しで攻めて来る男が嫌いです。

ちょっと1ヶ月や2ヶ月そこら通った、ちょっとシャンパンを開けてお金を使った、それぐらいですぐに手を出そうとする男は嫌われます。

 

店に通っても、シャンパンを開けても、徹底的に手を出さない。

むしろ、キャバ嬢から「抱いて欲しい」と言ってきたとしても、絶対に手を出さない。

 

これはキャバ嬢をガチで惚れさせるための鉄の掟です。

 

改めて言っておきますが、これはキャバ嬢を落として1回きりの夜を過ごすための方法ではありません。

あなたが惚れたキャバ嬢からガチで惚れられるための方法です。

 

例え1年経とうが、他に可愛いキャバ嬢が現れようが、あなたのことを好きと言わなかろうが、徹底的に意中のキャバ嬢を指名して楽しませてあげましょう。

一人の女性を一途に想い続ける男性は周りから尊敬の眼差しで見られ、意中のキャバ嬢に限らず他のキャバ嬢からも好印象を持たれやすいので、全てが好循環!

 

 

まとめ

キャバ嬢からモテようとして、イキってオラオラする男性が多いのもキャバクラの特徴の一つですが、その薄っぺらさ、田舎のヤンキー感にキャバ嬢は気づいています。

そんな客は「あいつ痛いな~。ダサすぎ~」と裏で絶対に言われているのです。

 

せっかくキャバクラに行くのだから、なんとかして持ち帰りたい!ヤりたい!みたいない人もいるでしょう。

でも、店に通っても口説かない、手を出さない、という一番勿体無いキャバクラの過ごし方、それがキャバ嬢からするとすごく魅力に感じるのです。

これは色んなキャバ嬢から聞いている事実で、私を含める色んな方の成功事例を見ているので間違いありません。

 

無理してお金をかける必要はないが、結果としてお金はかかってしまうことが多い。

でも本気で恋をしたならば、ブレることなく想い続け、しっかりと誠意をキャバ嬢に見せつけよう。

 

何度も言うが、これはその晩持って帰ってヤレたらOKという方法ではなく、一目惚れしたキャバ嬢を落としてあなたのことをガチで惚れさせるための方法です。

 

その晩持って帰ってヤリたければ、やり方は全く変わってきます。

もし、1回きりのキャバクラでキャバ嬢を落としたい!という人は以下の〇〇をご覧ください。

 

ぜひこの記事の内容を参考にしてもらい、めちゃくちゃ可愛いあなた好みのキャバ嬢を見つけたら、確実に落としてあなたのことを惚れさせてやりましょう!

 

「キャバ嬢を落とすにはお金がかかりそう・・・」

この問題を解決したい方はこちら

キャバ嬢と過ごすエッチな夜!キャバ嬢を落とすために実践すべきこと


恋愛テクニックランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です